普通傷害保険

2014.12.23|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

普通傷害保険は、さまざまな種類がある傷害保険のなかでも最もベーシックなもので、急激かつ偶然な外来の事故によりけがをした結果、入院・通院したり死亡した場合などに保険金が支払われるものをいいます。したがって、偶然性の薄い契約者の故意による行為が招いた事故や、外来とはよべない病気などに対しては保険金が支払われません。
基本的に国内外を問わず、家庭や職場、旅行やスポーツの最中など、日常生活のあらゆるシーンでの事故に対応しています。
こうした事故で入院や通院をした場合には入院保険金または通院保険金が支払われるほか、傷害が直接の原因となって死亡したり、後遺障害が残ったりしたときには死亡保険金や後遺障害保険金が支払われます。これらは事故発生から180日以内の入院・通院や死亡・障害について適用されるというのがおおむねの目安となっています。
最近ではこうした自己の身体に関わる傷害に加えて、誤って他人にけがをさせてしまった場合の損害賠償に充てるための「個人損害賠償責任」などの特約をつけることができるタイプの保険商品も販売されています。
また、細菌性食中毒は原則としてこの保険の対象外ですが、一部の保険商品については特約を結ぶことよって補償される場合もあります。
普通傷害保険は、さまざまな種類がある傷害保険のなかでも最もベーシックなもので、急激かつ偶然な外来の事故によりけがをした結果、入院・通院したり死亡した場合などに保険金が支払われるものをいいます。したがって、偶然性の薄い契約者の故意による行為が招いた事故や、外来とはよべない病気などに対しては保険金が支払われません。
基本的に国内外を問わず、家庭や職場、旅行やスポーツの最中など、日常生活のあらゆるシーンでの事故に対応しています。
こうした事故で入院や通院をした場合には入院保険金または通院保険金が支払われるほか、傷害が直接の原因となって死亡したり、後遺障害が残ったりしたときには死亡保険金や後遺障害保険金が支払われます。これらは事故発生から180日以内の入院・通院や死亡・障害について適用されるというのがおおむねの目安となっています。
最近ではこうした自己の身体に関わる傷害に加えて、誤って他人にけがをさせてしまった場合の損害賠償に充てるための「個人損害賠償責任」などの特約をつけることができるタイプの保険商品も販売されています。
また、細菌性食中毒は原則としてこの保険の対象外ですが、一部の保険商品については特約を結ぶことよって補償される場合もあります。
普通傷害保険は、さまざまな種類がある傷害保険のなかでも最もベーシックなもので、急激かつ偶然な外来の事故によりけがをした結果、入院・通院したり死亡した場合などに保険金が支払われるものをいいます。したがって、偶然性の薄い契約者の故意による行為が招いた事故や、外来とはよべない病気などに対しては保険金が支払われません。
基本的に国内外を問わず、家庭や職場、旅行やスポーツの最中など、日常生活のあらゆるシーンでの事故に対応しています。
こうした事故で入院や通院をした場合には入院保険金または通院保険金が支払われるほか、傷害が直接の原因となって死亡したり、後遺障害が残ったりしたときには死亡保険金や後遺障害保険金が支払われます。これらは事故発生から180日以内の入院・通院や死亡・障害について適用されるというのがおおむねの目安となっています。
最近ではこうした自己の身体に関わる傷害に加えて、誤って他人にけがをさせてしまった場合の損害賠償に充てるための「個人損害賠償責任」などの特約をつけることができるタイプの保険商品も販売されています。
また、細菌性食中毒は原則としてこの保険の対象外ですが、一部の保険商品については特約を結ぶことよって補償される場合もあります。
普通傷害保険は、さまざまな種類がある傷害保険のなかでも最もベーシックなもので、急激かつ偶然な外来の事故によりけがをした結果、入院・通院したり死亡した場合などに保険金が支払われるものをいいます。したがって、偶然性の薄い契約者の故意による行為が招いた事故や、外来とはよべない病気などに対しては保険金が支払われません。
基本的に国内外を問わず、家庭や職場、旅行やスポーツの最中など、日常生活のあらゆるシーンでの事故に対応しています。
こうした事故で入院や通院をした場合には入院保険金または通院保険金が支払われるほか、傷害が直接の原因となって死亡したり、後遺障害が残ったりしたときには死亡保険金や後遺障害保険金が支払われます。これらは事故発生から180日以内の入院・通院や死亡・障害について適用されるというのがおおむねの目安となっています。
最近ではこうした自己の身体に関わる傷害に加えて、誤って他人にけがをさせてしまった場合の損害賠償に充てるための「個人損害賠償責任」などの特約をつけることができるタイプの保険商品も販売されています。
また、細菌性食中毒は原則としてこの保険の対象外ですが、一部の保険商品については特約を結ぶことよって補償される場合もあります。
普通傷害保険は、さまざまな種類がある傷害保険のなかでも最もベーシックなもので、急激かつ偶然な外来の事故によりけがをした結果、入院・通院したり死亡した場合などに保険金が支払われるものをいいます。したがって、偶然性の薄い契約者の故意による行為が招いた事故や、外来とはよべない病気などに対しては保険金が支払われません。
基本的に国内外を問わず、家庭や職場、旅行やスポーツの最中など、日常生活のあらゆるシーンでの事故に対応しています。
こうした事故で入院や通院をした場合には入院保険金または通院保険金が支払われるほか、傷害が直接の原因となって死亡したり、後遺障害が残ったりしたときには死亡保険金や後遺障害保険金が支払われます。これらは事故発生から180日以内の入院・通院や死亡・障害について適用されるというのがおおむねの目安となっています。
最近ではこうした自己の身体に関わる傷害に加えて、誤って他人にけがをさせてしまった場合の損害賠償に充てるための「個人損害賠償責任」などの特約をつけることができるタイプの保険商品も販売されています。
また、細菌性食中毒は原則としてこの保険の対象外ですが、一部の保険商品については特約を結ぶことよって補償される場合もあります。
普通傷害保険は、さまざまな種類がある傷害保険のなかでも最もベーシックなもので、急激かつ偶然な外来の事故によりけがをした結果、入院・通院したり死亡した場合などに保険金が支払われるものをいいます。したがって、偶然性の薄い契約者の故意による行為が招いた事故や、外来とはよべない病気などに対しては保険金が支払われません。


基本的に国内外を問わず、家庭や職場、旅行やスポーツの最中など、日常生活のあらゆるシーンでの事故に対応しています。
こうした事故で入院や通院をした場合には入院保険金または通院保険金が支払われるほか、傷害が直接の原因となって死亡したり、後遺障害が残ったりしたときには死亡保険金や後遺障害保険金が支払われます。これらは事故発生から180日以内の入院・通院や死亡・障害について適用されるというのがおおむねの目安となっています。
最近ではこうした自己の身体に関わる傷害に加えて、誤って他人にけがをさせてしまった場合の損害賠償に充てるための「個人損害賠償責任」などの特約をつけることができるタイプの保険商品も販売されています。
また、細菌性食中毒は原則としてこの保険の対象外ですが、一部の保険商品については特約を結ぶことよって補償される場合もあります。
普通傷害保険は、さまざまな種類がある傷害保険のなかでも最もベーシックなもので、急激かつ偶然な外来の事故によりけがをした結果、入院・通院したり死亡した場合などに保険金が支払われるものをいいます。したがって、偶然性の薄い契約者の故意による行為が招いた事故や、外来とはよべない病気などに対しては保険金が支払われません。
基本的に国内外を問わず、家庭や職場、旅行やスポーツの最中など、日常生活のあらゆるシーンでの事故に対応しています。
こうした事故で入院や通院をした場合には入院保険金または通院保険金が支払われるほか、傷害が直接の原因となって死亡したり、後遺障害が残ったりしたときには死亡保険金や後遺障害保険金が支払われます。これらは事故発生から180日以内の入院・通院や死亡・障害について適用されるというのがおおむねの目安となっています。
最近ではこうした自己の身体に関わる傷害に加えて、誤って他人にけがをさせてしまった場合の損害賠償に充てるための「個人損害賠償責任」などの特約をつけることができるタイプの保険商品も販売されています。
また、細菌性食中毒は原則としてこの保険の対象外ですが、一部の保険商品については特約を結ぶことよって補償される場合もあります。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。