国内旅行傷害保険

2014.12.23|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

国内旅行中のけがを幅広く補償してくれる「国内旅行傷害保険」。
クレジットカードに自動付帯されていることもあり、知っておくと心強い保険です。
実は、食中毒も補償の対象になるってご存じですか?
旅先の食事で食中毒になってしまい、病院で手当を受けた場合、病状や治療日数に応じて保険金がもらえることがあります。
すべての食中毒が対象になる訳ではなく、保険会社や特約内容によって細かい違いがありますが、基本的には細菌性食中毒・ウイルス性食中毒は支払い対象となることが多いようです。
ただし、医師から食中毒の診断を受けることが前提となります。
「ホテルで大人数が食中毒になった」など、保健所が動くようなケースであれば比較的診断も出やすいのですが、症状が自分ひとりだけだと旅先の食事との因果関係を証明するのが難しいため、よほどの決定的な理由がないと医師も診断書を書いてくれないケースが多いようです。
むしろ、保険会社への請求以前に、医師から診断を受けるというハードルの方が高いと言えるかもしれません。
いずれにしても食中毒はつらい病気で、せっかくの旅行の想い出も台無しになってしまいますので、慣れない土地での食事は注意するに越したことはありませんよね。国内旅行中のけがを幅広く補償してくれる「国内旅行傷害保険」。
クレジットカードに自動付帯されていることもあり、知っておくと心強い保険です。
実は、食中毒も補償の対象になるってご存じですか?
旅先の食事で食中毒になってしまい、病院で手当を受けた場合、病状や治療日数に応じて保険金がもらえることがあります。
すべての食中毒が対象になる訳ではなく、保険会社や特約内容によって細かい違いがありますが、基本的には細菌性食中毒・ウイルス性食中毒は支払い対象となることが多いようです。
ただし、医師から食中毒の診断を受けることが前提となります。
「ホテルで大人数が食中毒になった」など、保健所が動くようなケースであれば比較的診断も出やすいのですが、症状が自分ひとりだけだと旅先の食事との因果関係を証明するのが難しいため、よほどの決定的な理由がないと医師も診断書を書いてくれないケースが多いようです。
むしろ、保険会社への請求以前に、医師から診断を受けるというハードルの方が高いと言えるかもしれません。
いずれにしても食中毒はつらい病気で、せっかくの旅行の想い出も台無しになってしまいますので、慣れない土地での食事は注意するに越したことはありませんよね。国内旅行中のけがを幅広く補償してくれる「国内旅行傷害保険」。
クレジットカードに自動付帯されていることもあり、知っておくと心強い保険です。
実は、食中毒も補償の対象になるってご存じですか?
旅先の食事で食中毒になってしまい、病院で手当を受けた場合、病状や治療日数に応じて保険金がもらえることがあります。
すべての食中毒が対象になる訳ではなく、保険会社や特約内容によって細かい違いがありますが、基本的には細菌性食中毒・ウイルス性食中毒は支払い対象となることが多いようです。
ただし、医師から食中毒の診断を受けることが前提となります。
「ホテルで大人数が食中毒になった」など、保健所が動くようなケースであれば比較的診断も出やすいのですが、症状が自分ひとりだけだと旅先の食事との因果関係を証明するのが難しいため、よほどの決定的な理由がないと医師も診断書を書いてくれないケースが多いようです。
むしろ、保険会社への請求以前に、医師から診断を受けるというハードルの方が高いと言えるかもしれません。
いずれにしても食中毒はつらい病気で、せっかくの旅行の想い出も台無しになってしまいますので、慣れない土地での食事は注意するに越したことはありませんよね。国内旅行中のけがを幅広く補償してくれる「国内旅行傷害保険」。
クレジットカードに自動付帯されていることもあり、知っておくと心強い保険です。
実は、食中毒も補償の対象になるってご存じですか?
旅先の食事で食中毒になってしまい、病院で手当を受けた場合、病状や治療日数に応じて保険金がもらえることがあります。


すべての食中毒が対象になる訳ではなく、保険会社や特約内容によって細かい違いがありますが、基本的には細菌性食中毒・ウイルス性食中毒は支払い対象となることが多いようです。
ただし、医師から食中毒の診断を受けることが前提となります。
「ホテルで大人数が食中毒になった」など、保健所が動くようなケースであれば比較的診断も出やすいのですが、症状が自分ひとりだけだと旅先の食事との因果関係を証明するのが難しいため、よほどの決定的な理由がないと医師も診断書を書いてくれないケースが多いようです。
むしろ、保険会社への請求以前に、医師から診断を受けるというハードルの方が高いと言えるかもしれません。
いずれにしても食中毒はつらい病気で、せっかくの旅行の想い出も台無しになってしまいますので、慣れない土地での食事は注意するに越したことはありませんよね。国内旅行中のけがを幅広く補償してくれる「国内旅行傷害保険」。
クレジットカードに自動付帯されていることもあり、知っておくと心強い保険です。
実は、食中毒も補償の対象になるってご存じですか?
旅先の食事で食中毒になってしまい、病院で手当を受けた場合、病状や治療日数に応じて保険金がもらえることがあります。
すべての食中毒が対象になる訳ではなく、保険会社や特約内容によって細かい違いがありますが、基本的には細菌性食中毒・ウイルス性食中毒は支払い対象となることが多いようです。
ただし、医師から食中毒の診断を受けることが前提となります。
「ホテルで大人数が食中毒になった」など、保健所が動くようなケースであれば比較的診断も出やすいのですが、症状が自分ひとりだけだと旅先の食事との因果関係を証明するのが難しいため、よほどの決定的な理由がないと医師も診断書を書いてくれないケースが多いようです。
むしろ、保険会社への請求以前に、医師から診断を受けるというハードルの方が高いと言えるかもしれません。
いずれにしても食中毒はつらい病気で、せっかくの旅行の想い出も台無しになってしまいますので、慣れない土地での食事は注意するに越したことはありませんよね。国内旅行中のけがを幅広く補償してくれる「国内旅行傷害保険」。
クレジットカードに自動付帯されていることもあり、知っておくと心強い保険です。
実は、食中毒も補償の対象になるってご存じですか?
旅先の食事で食中毒になってしまい、病院で手当を受けた場合、病状や治療日数に応じて保険金がもらえることがあります。
すべての食中毒が対象になる訳ではなく、保険会社や特約内容によって細かい違いがありますが、基本的には細菌性食中毒・ウイルス性食中毒は支払い対象となることが多いようです。
ただし、医師から食中毒の診断を受けることが前提となります。
「ホテルで大人数が食中毒になった」など、保健所が動くようなケースであれば比較的診断も出やすいのですが、症状が自分ひとりだけだと旅先の食事との因果関係を証明するのが難しいため、よほどの決定的な理由がないと医師も診断書を書いてくれないケースが多いようです。
むしろ、保険会社への請求以前に、医師から診断を受けるというハードルの方が高いと言えるかもしれません。
いずれにしても食中毒はつらい病気で、せっかくの旅行の想い出も台無しになってしまいますので、慣れない土地での食事は注意するに越したことはありませんよね。国内旅行中のけがを幅広く補償してくれる「国内旅行傷害保険」。
クレジットカードに自動付帯されていることもあり、知っておくと心強い保険です。
実は、食中毒も補償の対象になるってご存じですか?
旅先の食事で食中毒になってしまい、病院で手当を受けた場合、病状や治療日数に応じて保険金がもらえることがあります。
すべての食中毒が対象になる訳ではなく、保険会社や特約内容によって細かい違いがありますが、基本的には細菌性食中毒・ウイルス性食中毒は支払い対象となることが多いようです。
ただし、医師から食中毒の診断を受けることが前提となります。
「ホテルで大人数が食中毒になった」など、保健所が動くようなケースであれば比較的診断も出やすいのですが、症状が自分ひとりだけだと旅先の食事との因果関係を証明するのが難しいため、よほどの決定的な理由がないと医師も診断書を書いてくれないケースが多いようです。
むしろ、保険会社への請求以前に、医師から診断を受けるというハードルの方が高いと言えるかもしれません。
いずれにしても食中毒はつらい病気で、せっかくの旅行の想い出も台無しになってしまいますので、慣れない土地での食事は注意するに越したことはありませんよね。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。