傷害保険の種類

2014.12.23|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

傷害保険は家庭内・職場内・通勤・旅行中など日常生活における事故による障害を補償する保険です。この保険には様々な種類がありますが、まず普通障害は国内または国外に於いて急激かつ偶然な外来の事故によって身体に障害を被った場合に保険金が支払われるもので被保険者のみ有効な保険となっています。家族まで補償範囲に含めるためには特約として契約する必要があります。このタイプの保険は日常生活のほとんどの事故による障害を補償できる最も基本的な保険です。


通院や入院では日計算で保険金が決定され、重度の障害が残ったり死亡したりしても保険金が支払われます。また総合障害は普通障害の補償に加えて障害事故によって介護が必要になった場合や犯罪被害によって死亡した場合など総合的に補償できる内容となっています。また一契約で家族全員が被保険者となる家族障害もあります。この場合は本人・配偶者・同居する親族・別居する未婚の子も被保険者となり、法律上の損害賠償責任を負った場合の補償も含まれます。また交通事故障害は普通障害の補償内容を交通事故に限定したもので、特約を契約すれば適用範囲を家族まで広げることができます。他にもファミリー交通障害・こども総合障害・自転車総合障害・夫婦ペア総合障害などがあります。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。